年収別惨めに見えない服装の値段とコスパ良い入手方法

paypay モールのテーラードジャケットの人気ランキングを見ると、1万〜2万のジャケットがボリュームゾーンです。グリーンレーベルリラクシングやグローバルワーク、ナノユニバース、上の方でもUNITED ARROWSやtomorrowlandの3万とか。

高島屋は割引品が上に来ており、標準とは違うことが想像出来ます。

楽天ファッションでは、アウターの上位はBarbourで5万円程度ですが、テーラードジャケットではpaypay モール同様2万円までのセレクトショップオリジナルがボリュームゾーンに見えます。

 

最も若そうなZOZOTOWNでは1万円アンダーが基本です。セットアップでも一万円ちょい。ZOZOTOWN向けのブランドが目立ちます。インフルエンサーブランドのadrerとかwym lidmnとか、あとはmonomart系とかです。

アマゾンでは二千円や三千円のジャケットが人気ランキングで上に来るので、こういうものを着ている人もいるのでしょうが、服をアマゾンで買うのは特殊そうなので少し心もとないですね。

zozoと競るラインはGUかと思いますが、guのジャケットって6000円ぐらいかなと。ロット数からしてそのぐらいは出したほうが良さそうですが、ユニクロで、感動ジャケットが買えてしまう値段ではあります。身幅感とかが違いますが。

 

united arrowsのブランドサイトだと、2万から3万円がボリュームゾーンで、たまに5万近いものもあります。

ナノユニバースも同様でという感じですが、グリーンレーベルがない分、上の値段も人気ランキングに入ってきています。

ビームスも2万3万で、逆にビームスハートというグリーンレーベル的な廉価ブランドは1万円台のジャケットを出しています。beams fはarrows本ライン的な存在なので、5万円付近のジャケットもちゃんと置いています

 

ともあれ、3万円以下がほとんどではないかと言うところですね。

 

天下のユニクロでは、カジュアル用のテーラードジャケットの枠は感動ジャケットとコンフォートジャケットですが、これは6000円です。ユニクロのものは通常の服の3分の1の値段と言われますから、敵は2万円程度のジャケットだと想像できます。逆に言えば、ネイビーやグレーといったベタな色ならば、2万円程度のジャケットならば、感動ジャケットとパット見の差はほぼない気がします。特に2万円までのジャケットの多い機能性素材ならば、どっちみちポリエステルの人工的な光沢があるので。(2万円で毛百だと少し高見えかもしれませんが、使い勝手は悪いですし、2万円の毛百はペラペラのサマージャケットのみかなとは思います)イオンやドンキのスーツとか、あとはパジャマスーツなんかもここと比較されるべきかとは思います。

 

ユニクロでその上の、ウール天然素材百%のジャケットは一万8000円です(直し込)。このターゲットは5万円までの、いわゆるツープライススーツ(3万〜4万円)と、セレクトショップや百貨店ブランドのエントリーラインのセットアップスーツかなと思います。これはステッチの感じとかで、ユニクロスーツよりツープライスショップの作りに軍配があがると私は思いますが、値段が半分で済むのは確かです。スーツカンパニーとかスーツセレクトのセールで買えばユニクロと同じかにはなると思います

 

この、ユニクロのウール百super100以上となると、インポートとか、あとは国産だとリングジャケットとか、尾州ウールとか、そんな付加価値の付け方になってきます。

インポートだと、ブランドならタリアトーレやラルディーニ、生地ならゼニアやロロピアーナでしょうか。 

このあたりはジャケットが十万から十五万、スーツで十五万から二十万のイメージですが、ゼニア生地、というだけならサイズが合えばアウトレットで3万〜5万、タリアトーレやラルディーニも並行輸入で5万から7万といった感じはします。このへんが一般的な上品なスーツの限界じゃないでしょうか。よく成金趣味と言われる東京カレンダーもこのへんまでの気がします。forza styleも上はラルディーニ、下はインコテックスで上下十五万のジャケパンスタイル、とかが標準かなと。

 

更に上になると、ジル・サンダーのスーツとか、グッチのスーツとかで、もうコスパがどうとかではない世界になりますね。